法人からの雇用調査

法人からの雇用調査

法人が社員を新たに採用するときに、
その社員に対しての素行調査を依頼するケースがあります。

 

それは社員を採用してから問題が発覚してしまい、
世間の信用を失うような事態が起こっては困るからです。

 

一時アナウンサーとして採用された女子学生の過去のアルバイトが原因で、
内定を取り消されたと言うことが明るみに出て世間の関心を集めました。

 

理由としては女性アナウンサーとしての適性にかけるようなアルバイトをしていたからです。
結局は話し合いにより内定取り消しを撤回して採用することとなったのですが、
それでも事前に雇用調査を行っていればこのような問題は防げたはずです。

 

昔とは異なり今は
一旦就職をしてから一生涯同じ会社に勤め続ける人の割合は減少傾向にあります。
また派遣社員や契約社員といった非正規雇用の人材も多く、
正社員を雇う割合は年々減少傾向にあります。

 

企業としても適切な人材を雇いたいのですが、
面接だけでそれを判断することが難しいため探偵に雇用調査を依頼するのです。

 

近頃は転職者も多く中途採用で入社する人材も増えているため、
中途採用を対象とした雇用調査依頼も増えています。

 

面接の時に前職を辞めた理由を聞かれることがありますが、
その時は当たり障りのない返答しますので事実はわかりません。

 

もしも会社でトラブルを起こして辞めたことが分かれば、今後の影響が心配です。
そこで探偵事務所に依頼をして、前の会社での評判や仕事ぶり、
さらには退職した本当の理由についても調べてもらうのです。